仲介手数料無料の不動産店と手数料が掛かる不動産店は何が違う?

仲介手数料の有無による不動産店の違いについて紹介するサイト

>

不動産の仲介手数料とはどんなもの?無料になる仕組みとは

手数料無料でお得に不動産契約できる!

不動産における仲介手数料とは、借主が不動産店に物件を紹介してもらったお礼として支払うお金のことです。
希望に合う物件を探したり、書類を作成したりなどさまざまな処理の分の費用が含まれています。

不動産業者は、この手数料を利益として成立しています。
では、それが無料とはどういうことなのでしょうか?

不動産取引とは、一般に借主と不動産業者の他に貸主と元付業者という4者間で行われる契約です。
この中の元付業者を通さない契約の仕組みを持っていることで、仲介手数料無料で手続きしてくれる不動産店が存在するのです。

元付業者とは、借主から依頼されて物件を見つけてきてくれる役割であり、仲介業者とはまた別なのです。

不動産取引は、借主と不動産業者間の取引であるように考えがちですが、こうした取引の仕組みがあるのです。

仲介手数料無料でも利用して大丈夫?

一般に、無料というときちんと仕事をしてくれるのか、本当に利用しても大丈夫なのかなど、不安に思う人もいるでしょう。
しかし、手数料無料には理由がありますし、借主側は安く契約できるのでデメリットはないと言えます。

元付業者というのは、依頼してきた借主の希望に合う物件を探してくるのが仕事ですが、借主と知り合いだったり、地域のことをよく知っていたりなど、土着型の不動産世話係のような位置づけの場合があります。

人によっては、よく見知った人からの紹介を望む場合もあるので、仲介手数料無料にこだわらなければ安心感があると思う人もいるでしょう。

あくまで業者間での取引方法の違いによるもので、元付業者を挟むか挟まないか、もしくは貸主側が手数料に該当する分を負担している場合であることが多く、借主側にとってデメリットとなる要素は無いでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る