仲介手数料無料の不動産店と手数料が掛かる不動産店は何が違う?

仲介手数料の有無による不動産店の違いについて紹介するサイト

>

仲介手数料の有りの店のポイント

不動産仲介手数料の内訳とは?

賃貸契約や、戸建て売買の契約など、借主と貸主、買主と売主の間に立ってさまざまな処理をするのが仲介の仕事です。
その処理にかかる手数料が仲介手数料ですが、具体的にはどんな内訳なのでしょうか。

不動産業者しか見ることのできないサイトなどから希望物件を探すところから始まり、内見希望があればその手配や立ち合い、契約書の作成や保険関係の書類の処理、貸主や売主との橋渡しとしての役割もあるため、連絡を取ったり段取りを組むなどの細々とした作業など、多くの作業が含まれています。

手間のかかる作業も多く、不動産業者の利益はこの手数料を基に成り立っています。
依頼者側は、正式に契約が成立した段階で支払うお金なので、一生懸命物件を探してくれても成約しなければ支払われることのないものです。

仲介手数料が有料であるメリットはある?

賃貸と違って戸建ての売買など高額な取引になると、仲介手数料も高額となるため、なるべく抑えたいと思う人は多いでしょう。
新築の戸建てでも仲介手数料がかからない店舗もあり、企業努力によって成り立っているので購入者側にはありがたい仕組みです。

しかし、仲介手数料を支払ってもらう形をとっている不動産店も依然多くあり、利用する人もいます。
仲介手数料は、いわば物件を探し回ってくれた労力に対する対価でもあります。
入居後のアフターフォローなど、安心して相談できると思えるのであれば、必ずしも無料にこだわるべき部分ではないかもしれません。

仲介手数料の有料・無料は、今後サービスの差別化でもっと差が出てくる可能性はありますが、住んだ後のことや相談しやすさなど自分の状況に応じて選びましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る