Menu

害虫駆除と違う難しさ

イタチ

対処は慎重に

住宅街で最近増えているのがイタチ駆除の依頼です。野生のイタチはその姿を人前にさらす事はめったにありませんが、それでいて人間の家屋が住みやすいのかよく侵入してきます。イタチは一か所に定住してはおらず、人家が密集している場所で数軒の家々をねぐらにして渡り歩いています。そのため、ある地域で被害が多発的に発生する場合が多いのです。イタチの侵入は放って置くと悪臭がしますし、病原菌をまき散らして衛生的にもよくありません。すぐにイタチ駆除を実施すべきですが、これを自分でやろうとするとかなりの困難があります。イタチは法律で保護されている動物で、殺してはいけない事になっています。もし殺してしまうと罰せられてしまうので、取り扱いは注意が必要です。イタチ駆除で生け捕りにした場合でも下手に触って噛みつかれでもしたら大変です。もちろん触ることにも大きなリスクがあります。野生のイタチにはノミ・ダニ・シラミなどの病原菌を媒介する害虫が寄生しているからです。こうした害虫を移されてしまう危険性があります。また再発防止のためには侵入口を探す必要があるのですが、イタチは大変小さな隙間からも入る事が出来る為に素人がこれを探し出すことはかなり難しいでしょう。これらを考えると、イタチ駆除は専門の業者に任せたほうが安全で確実ということになります。多少の費用はかかりますが、イタチを放って置くリスクや自分で捕獲する危険を考えると決して高いとはいえません。

Copyright© 2018 害獣駆除業者の選び方【幾つかの業者を比較することが大切】 All Rights Reserved.